日本の紅茶|歴史と文化の序章

日本の紅茶|歴史と文化の序章 tea

我が国「日本」の紅茶事情に入る前に、まずは緑茶が古くから歴史があることから入ります。中国に次ぐ緑茶生産大国として、その歴史を確認していきます。

我が国の茶のはじまり

日本の紅茶|歴史と文化の序章

中国からの伝来

茶は中国から伝えらましたが、それは仏教と共に入ってきたとされており、固形茶というものが最初で、字の通り、茶(葉)の固形として、当時は供養の際に用いる物だったのではないかとされています。

記録されている情報としては、奈良時代となる西暦729年、聖武天皇が皇居の庭に集めた僧侶に般若経を講じさせた翌日に、中国伝来の茶を与えています。

JIKUTA
JIKUTA

茶は僧たちの眠気覚ましににも使われていたとか。

紅茶との遭遇

前述の729年の記録から1,000年以上を経て、ようやく日本人が紅茶に接触する出来事があります。

1791年ごろ、西欧風の本格的な紅茶(ミルクティー)を飲む機会を得た人物がいました。

大黒屋 光太夫(だいこくや こうだゆう)という、伊勢の国(今でいえば三重県)の船頭です。

1782年の12月、江戸に向けて出港するも遭難してしまい、ロシア領のアムチトカというところに漂流してしまいました。

当時、日本とロシアには国交がなく、帰国の許可はそう簡単には下りなかったようです。

遭難時、もちろん一人ではなく多くの仲間がいましたが、ペテルブルグ(今のサンクト・ペテルブルグ)につく頃には、すでに9年が経ち、その間に多くの仲間も失っていました。(大黒屋 光太夫と磯吉という人物の2人のみ)

そして1971年6月、女帝であるエカテリーナ2世に謁見の機会を与えられ、帰国許可願いを直々に手渡し、帰国船の手配を待つ感、お茶会にも招かれました。

JIKUTA
JIKUTA

この史実を基に制定されたのが、11月1日の「紅茶の日」です。

紅茶生産、輸出に向けて

緑茶大国である日本としては、北米市場に緑茶をメインに輸出していましたが、インド・アッサムを中心に、英国の紅茶産業の急速な発展、紅茶が主要となっていく国際市場等の状況から、紅茶生産と輸出で外貨を得るため、内務省勧業農務課に製茶係を設置して、「紅茶製法書」を明治7年(1874年)に編集しています。

日本の紅茶製造の試み

日本の紅茶|歴史と文化の序章

日本も本腰を入れて紅茶生産、輸出を行っていくにあたり、明治8年(1875年)には中国の製茶技術者を2名日本に招き、熊本県と大分県に紅茶伝習所を設置、近在の緑茶生産農家を集め、紅茶の製造方法を習得させようとしました。

ところが、製茶技術者は緑茶には精通していたものの、紅茶製造の実務については詳しいわけではなく、思うような成果があがらなかったことから、勧業寮員(内務省に設置された殖産興業を担当する一等の寮員)である多田 元吉(ただ もときち)を中国に派遣し、翌年に 多田 元吉が、他の2名をインドに派遣しました。

英国式の紅茶製造技術を習得ののち、1877年に帰国した 多田 元吉らは、高知県で紅茶の試作に取り組みました。

JIKUTA
JIKUTA

本格的な紅茶試作地は、高知県ということになりますね。
てっきり、お茶どころである静岡や、京都あたりかとイメージしていました。

成功ならず

1878年、政府は紅茶製造法伝習規則なるものを発布しました。

東京、静岡、福岡、宮崎に伝習所を設置、1879年には滋賀、1880年には岐阜や奈良、大分、熊本、鹿児島などにも設置したものの、品質が粗悪でどれも失敗に終わっています。

緑茶には好適の「在来種の茶木から、良質な紅茶は期待できない」という結論に至っています。

1890年、東京西ヶ原に農務省直営茶園を置き、多田 元吉らがインドから持ち帰った茶の種子を活かし、紅茶用品種の育成をはじめました。

JIKUTA
JIKUTA

研究の本格化はこの頃からで、1919年には静岡県に国立の茶業試験場として茶園は移転しています。

日本喫茶史料によると、日本に初めて外国の紅茶がやってきたのは、1856年に下田に来港した米国の使者が、江戸幕府に献上した手土産だったのだそうです。

1874年の地方紙に、わが国で初めて紅茶に関する広告が載り、紅茶が欧米でブラックティーと呼ばれていることや、砂糖と牛乳を入れて飲まれているとも伝えています。

1886年になって、ようやく初めての国産紅茶(三重県産)が、東京の京橋の茶舗で出されたのだそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました