読書

life and style

ティータイム|月イチ読書『逝きし世の面影』

2020年に自分自身の目標として立てた、月に1冊の本を読むは一応達成できたと思います。 なかなか読書が苦手な自分にとって、頑張ればできそうなことをなんとかできたのは良かったかなと思いますし、2021年も続けるべきなのかどうかを決めか...
life and style

ティータイム|月イチ読書『気持ちを「言葉にできる」魔法のノート』

月イチ読書、11月に読んだのは『気持ちを「言葉にできる」魔法のノート』です。 気持ちを「言葉にできる」魔法のノート 著者はコピーライターの梅田 悟司氏。横浜市立大学客員研究員、多摩美術大学非常勤講師でもあります。 197...
life and style

ティータイム|月イチ読書『伝え方が9割』

月イチ読書、10月に読んだのは『伝え方が9割』です。 伝え方が9割 著者は、コピーライター/作詞家/上智大学非常勤講師の佐々木圭一(ささき・けいいち)氏で、心を動かし、人を動かすことをライフワークにされているそうです。 ...
life and style

ティータイム|月イチ読書『原因と結果の法則』

月イチ読書、9月に読んだのは『原因と結果の法則』です。 原因と結果の法則 著者はジェームズ・アレンという1864年の英国生まれの方で、38歳から執筆活動に専念しましたが、1912年に他界するまでの9年間という短い期間の中で、1...
life and style

ティータイム|月イチ読書『心をつかむ超言葉術』

月イチ読書、8月に読んだのは『コピーライターじゃなくても知っておきたい 心をつかむ超言葉術』です。 コピーライターじゃなくても知っておきたい 心をつかむ超言葉術 著者は阿部 広太郎 氏という方で、1986年3月7日生まれの...
life and style

ティータイム|月イチ読書『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう』

月イチ読書、7月に読んだのは『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう』です。 さあ、才能(じぶん)に目覚めよう ストレングス・ファインダー2.0 著者はトム・ラスという優れたビジネス思想家、ベストセラー作家です。本書のリーダーシッ...
life and style

ティータイム|月イチ読書『王様は裸だと言った子供はその後どうなったか』

日本の民話、ギリシャ神話、イソップ、グリム等、既存の物語に、著者独自の視点や疑問、ツッコミを加えつつ現代社会(2007年)を斬るかのような短編集です。
life and style

ティータイム|月イチ読書『自助論』

多数の事例を用いて、自助の精神を自分の人生の中で確認できる本書。社会が変化しようが、進化しようが、人間の本質は実は変わらないのかもしれませんね。
life and style

ティータイム|月イチ読書『失敗の本質』

先の大戦における日本軍の作戦を例に、失敗の本質を社会科学的に研究した本です。現代におけるさまざまな組織(会社、団体など)に、何かしらヒントを得られる指南書になりうるかもしれません。
life and style

ティータイム|月イチ読書『仕事は楽しいかね?』

月イチ読書、3月に読んだのはデイル・ドーテン氏著(訳:野津智子)『仕事は楽しいかね?』です。 仕事は楽しいかね? この書籍は、2001年の年末にリリースされたもので、かれこれ20年は経過しています。 が、今でもオススメ...
タイトルとURLをコピーしました