愛用のカップ|Denby(デンビー)インペリアルブルー

Denby(デンビー)インペリアルブルー カップ ソーサー life and style

紅茶のカップやポットなど、花柄があしらわれたかわいらしいものや、高貴な感じのあるデザインが多く、やはり女性向けが多いと感じますが、Denby(デンビー)という英国の老舗メーカーのカップとソーサーが、シンプルで良いなと思ったので、今はこれをよく使っています。

Denby(デンビー)

Denby(デンビー)の歴史は1809年、イギリスのダービーシャー州で道路建設時に粘土が発見された時から始まります。 Denbyの創設者ウィリアム・ボーン氏が粘土の質を調査しそのポテンシャルを確信、1809年に発見された粘土層の近くで陶器の製造を開始しました。 設立当初は、ボトルを主に製造していましたが、第二次世界大戦後に本格的にテーブルウェアの製造へと移行。当時、大変人気を博し、以降テーブルウェアが製造の中心となりました。 それから200年、熟練した職人達がストーンウェアという特有の粘土と自社開発の5,000以上もの釉薬を駆使し、代々に受け継がれています。永い歴史と確かな品質を誇るDenbyは、今では35カ国以上で展開されており、リーダー的ブランドとして確固たる地位を獲得しています。

Denbyは製品の強さと類まれな職人技に誇りを持ち、200年以上イングランドで製造し続けています。Denbyはいまだに数世紀前と同じように工場の裏から取れるダービーシャー州産の超強力な土を使っています。そして、昔から続く職人技と伝統で、その土を美しいストーンウェア製品に作り変えているのです。  英国の歴史的遺産となっているだけでなく、モダンな製品を作るために今のトレンドを追い求め、時代を超えたコレクションを作り続けています。

Denby Japan 公式サイトより

いわゆる普段使いに最適でありつつ、デザインも飽きがこないという製品だと思います。
全ての製品が、オーブン・電子レンジ・食洗機・フリーザーで使えるのと、丈夫で割れにくいのがいいですね。

インペリアルブルー

私が使っているのは、青色と白のコントラストが綺麗な、インペリアルブルーシリーズのカップとソーサーです。

Denby(デンビー)インペリアルブルー カップ ソーサー
※スプーンは付いていません

釉薬の深い青(コバルトブルー)、ふちのブラウンは伝承の技なのだそうです。

Denby(デンビー)インペリアルブルー カップ ソーサー

カップとソーサーの裏側には、”Denby”と”MADE IN ENGLAND”のマークが入っています。

Denby(デンビー)インペリアルブルー カップ ソーサー

こういったものでいいなと思うデザインは、多くはコーヒーのマグカップであることが多いイメージでしたが、紅茶らしく扱えるカップがなかなか無いのかなぁ思っていたので、このインペリアルブルーカラーも含めて良かったです。

他にもシンプルなデザインのシリーズがあるようなので、揃えていくのもいいかなと考えています。

JIKUTA
JIKUTA

単純に重いというズッシリとした感じではなく、安定感のある感じが良いと思います。
落ち着きのあるデザイン、価格も優しい設定であることがオススメです。

仕様

カップ:直径 8.5cm×高さ 6.5cm
ソーサ:直径 14.0cm×高さ 2.5cm
容量 250ml


デンビー インペリアルブルー カップ ソーサー ストーンウェア イギリス製 食器 Denby Imperial Blue 洋食器 青 ネイビー ティーカップ ティーソーサー

コメント

タイトルとURLをコピーしました