profile プロフィール

基本プロフィール

名 前:JIKUTA (♂)
誕生月:2月
出身地:岡山県
所在地:関西地方
趣 味:音楽鑑賞(洋楽ロックを中心に、ライブやレコードで楽しんでいます)
    釣り(主にバスフィッシングですが、長年お休み中)
仕 事:IT関連のディレクション(Web系、顧客管理システム等)
    過去にはエンジニアの端くれとして働いたこともアリ

SNS

Twitter(準備中)

nemgraph

生い立ち的なもの(概要)

幼少期~小学生

控えめな性格。運動は好きで、よく駆け回っていたと思います。

特に幼少期は乗り物系、機械系のものが好き(見るのが)で、プラモデルやミニ四駆などでも遊んでいました。

スポーツは、空手と野球をしていました。

文学的な面、勉強面は全体的に苦手で、唯一習っていたのは書道。最初は硬筆を習っていましたが、あまりにも上達しないため、毛筆にしてみたらどうかということで、書道になった経緯があり、なぜかグンと伸びました。

中学時代

部活は野球部に所属、勉強面は相変わらず話にならないレベル。

この頃から新しい友人の影響もあり、洋楽(音楽)、バスフィッシングにハマる。

全体的にあまりいい思い出は記憶にありませんが、唯一あるのが、最後の野球の地方大会で、県大会への切符を賭けた試合で、サヨナラヒットを放ち、前評判を覆す結果を出しました。

メンバーがかなり喜んでいたのとは裏腹に、洋楽やバスフィッシングを楽しむ時間が削られてしまうこととなったので、自分としては微妙な気持ちでした(笑)

高校時代

地元の工業高校へ進学。

なぜかバドミントン部に入り、予想外の辛さだったものの、3年間継続。

そして、なぜかここでも重要な大会への切符を賭けた最後の試合で長時間の接戦の末、勝利。

他のコートで次々と試合が終わる中、体育館内で唯一試合が続いているコートでプレイして全体からの注目を浴びる中、結果を出せたと同時に、中学時代同様、洋楽やバスフィッシングの時間が削られてしまうことに対し、またしてもテンションが下がり気味でした(笑)

機械系の学科だったものの、特に興味がある分野がなく、幼少期の頃の興味はどこへやらといった感じです。

しかし、この時授業の一環で、インターネットやホームページ制作に触れ、これは世界が変わる!と思ったほど、画期的な印象を持ち、さらに見識等を深めるため、IT系の専門学校へ進学することを決心する。

大学進学を検討し、特別進学コースで勉強していたものの、どうでもよくなり、もともと低いやる気がさらに低下したものの、修学旅行やクラス、部活動の友人たちと全体的に楽しく過ごせたと思います。

専門学校時代

大阪のIT系専門学校に進学し、初めての一人暮らし。

といっても学校の寮に入り、正確には半一人暮らし。

なんとか授業にはついていけたものの、やはり都会の多種多様でとびぬけた能力を持つ人がゴロゴロと居ることに凹みつつ、なんとか単位を取って卒業。

卒業旅行で初めて海外へ行き、異国の空気に触れる。

行先は、アメリカ(L.A.、サンフランシスコ、ラスベガスなど)とメキシコ。スケールのデカさに驚くばかり。

社会人(1社目)

専門学校最終年時、インターンシップでお世話になっていたモバイルコンテンツ系のベンチャー企業にそのまま誘われて就職。

当時はガラケーでiモードをはじめ、モバイル系コンテンツが全盛期。

モバイル用Webサイト・コンテンツの構築・開発・運営など、主にエンジニアとして従事。

しかし、突如会社が傾き、大量の退職者や鬱になっていく先輩方を目の当たりにする。

2年目に入り、同期で入った3人が次々に退職。間髪入れず、直属の上司も次第に会社に来なくなり、エンジニアよりもプロジェクトマネージャーとしてのやりとりが一気に増えるも、実力不足を痛感して退職を決意。

社会人(2社目)

医療系システム開発会社に転職するも、配属されたのはなぜか流通システム部門。

技術的な面で未体験なものだったこともあり、とりあえずエンジニアとして従事。

小さめのプロジェクトでしたが、大成功してお客様からかなりの評価を得る。

この調子でいけるかと思いきや、次の案件で 開発よりも設計をメインとした業務につまづく。

合わせて、ブラック感満載のワークスタイルが影響し、入院。(ストレスと思われる)

退院後、復帰して出向などするも、モチベーションがあがらず結果的に2年ほどで退職。

社会人(3社目)

転職専門サービスを利用し、現在の会社に転職。

IT関連・Web系サービスのディレクション に従事。

最近は、顧客管理システムの保守・運用が多い。

以前に比べ、給与面でかなりの減額となったものの、病気になりそうなブラックなワークスタイルではなくなり、大きな病気もせず今に至る。

タイトルとURLをコピーしました