本当に美味しい紅茶の淹れ方で重要な”たった一つ”の事

お湯 温度 tea

どうせ飲むなら美味しい紅茶が飲みたくないですか?

美味しい紅茶を淹れるポイントを押さえれば、美味しい紅茶がちゃんと飲めるでしょう。

美味しい紅茶を淹れるには

ストレートティー(ホット)の淹れ方を基本に、ミルクティー、レモンティー、アイスティーといったスタンダードな紅茶の淹れ方を見ていきましょう。

ストレートティー(ホットティー)の美味しい淹れ方のポイント

リーフ(茶葉)から淹れる方法を確認します。

1.品質の良い茶葉を使

→できれば新鮮なものが良いですが、基本的には賞味期限内のもので、普段口にする食材同様の認識です。

2.蓋が付いたポットを使う

陶磁器製/銀製/ガラス製/ステンレス製/ホーロー製のどれかが適していて、胴体の形は丸みを帯びたものが良いでしょう。丸い形だと、熱対流が起こしやすいからです。

要は、お湯をかき混ぜなければ全体が均一に温まらないお風呂が、熱対流が起こりにくい状態といった感じです。

なぜ熱対流が起こりやすい方がいいのかは、後から出てきます。

3.茶葉は正確に計量する

リーフタイプとなる大型の茶葉は7~12mmサイズで約3g、ブロークンタイプとなる小型の茶葉は1~3mmサイズで2.5~3gがそれぞれ適量とされています。

ティースプーンでいうと、リーフタイプは大山1杯、ブロークンタイプは中山1杯といったところです。

4.新鮮な水を完全に沸騰させる

カップ1杯あたり150mlを目安にやかんに新鮮な水を入れ、2~3cmくらいのサイズの泡がボコボコと出るまで、完全に沸騰させます。

水質を気にされる場合は浄水器を使うか、完全に沸騰してから2~3分長めに沸かしましょう。

水は水道水で十分で、ミネラルウォーターを使う場合はよく振ってから使いましょう。

沸かしたら、リーフを入れたポットに素早く注ぎます。

沸騰した熱を出来るだけ保つため、ポットをやかんに近づけて(近い場所で)注ぎましょう。

沸かしたお湯を、ポットやカップがあるところまで持って行く距離が少し遠いくらいでも、温度は結構下がってしまいます。

5. リーフ(茶葉)を十分に蒸らす

リーフタイプは3分程度ブロークンタイプは2.5~3分程度を目安にし、十分に蒸らしましょう。

沸騰直後のお湯を注いで、「2. 蓋が付いたポットを使う 」で述べた熱対流により、茶葉がポット内を循環しながら上下する運動が起こります。(茶葉や水質等により起こらないこともあります)

JIKUTA
JIKUTA

ポットの中で熱対流によって茶葉が上下する運動をジャンピングと言い、より美味しい紅茶が抽出されます。故に、丸みを帯びたポットが良いというわけです。

十分に蒸らしたら、別のポットやカップに茶こしを使って注ぎます。

もちろん、カップ等もしっかりと湯通しして事前に温めておきましょう。

注ぐ際は、しっかりと最後の一滴(ゴールデンドロップ)まで注ぎます。

注ぎ切れなかったり、2杯目以降を楽しもうとしているなら、ティーコジーやマットを用いて保温しておきます。(ティーコジーは、ポットに被せる布製のカバーです)

ミルクティーの美味しい淹れ方のポイント

ゴールデンルールを基本に、蒸らし時間は少し長めにします。

抽出した紅茶の温度を下げないよう、常温の牛乳を注ぎましょう。

レモンティーの美味しい淹れ方のポイント

ゴールデンルールを基本に、蒸らし時間は少し短めにします。

スライスレモンを用意しておき、飲む直前に入れて軽くスプーンで混ぜてすぐに取り出します。

JIKUTA
JIKUTA

自分も勘違いしていたのですが、レモンティーは単なる香りづけというのが基本だそうです。

ティーバッグの美味しい淹れ方のポイント

ティーバッグ1袋は、基本的に一杯分です。

中には、1袋で2杯以上抽出できるものもあるかもしれませんが、パッケージの説明欄をしっかり確認しましょう。

こちらもゴールデンルールを基本に作りますが、取り出す際に振りすぎたり、ましてや搾るようなマネはNGです。

紅茶の色はでますが、それはただの茶色いお湯です。

アイスティーの美味しい淹れ方のポイント

ゴールデンルールは鉄板で、2倍の濃さの紅茶液を作ります。

そのうえで、細かく砕いた氷をグラスにたっぷり入れ、水気を切って、紅茶液を手早く注ぎます。

急激な冷却で、味と香りが逃げるのを防ぎます。

この方法は、オン・ザ・ロック方式と呼ばれるものです。

また、アイスティーを入れた後、濁ってしまうことがありますが、これはクリームダウンという現象です。

これは、温度が下がることにより、紅茶の主成分であるタンニンとカフェインが結合することにより起こってしまうようです。

飲めなくなるわけではありませんが、見映えとしては良いとは言いにくいかもしれませんね。

クリームダウンをなるべく防ぎたい場合は、タンニンが少なめなニルギリ、ジャワといった茶葉を使う、蒸らし時間を短めにする、砂糖を多めに加える、といったことが挙げられます。

JIKUTA
JIKUTA

最終的にミルクティーにしてしまえば、結果的に濁り云々は避けられます。ある意味「力技」です。

まとめ

基本的には、ゴールデンルールをしっかりと守って作るということです。

また、同じくらい注意しておきたいのが温度です。

私の思うポイントはまさに温度です。

美味しいという要素は、あくまで茶葉そのものが持っており、それをしっかりと抽出しなければ、美味しいという快感は得られないのではないでしょうか。

紅茶の抽出に適したお湯の温度は98~100度あたりとされていますが、その温度をできるだけキープしておきたいものです。

一度沸騰したお湯と、80度前後のお湯で抽出して飲み比べたことがありますが、味音痴な私でもその違いは明確で、80度前後で作った紅茶は不愉快になるくらいでした(笑)

面倒で気を遣うイメージを持った人もいるかもしれませんが、それがあるからこそより美味しい一杯が飲めると思いながら作っています。

こだわりといよりも、基本ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました