検定対策|体の不調に期待したいハーブレシピ

検定対策 体の不調に期待したい ハーブレシピ herbs

体の不調を感じた時は、まずは何事も無理せず、しっかりと栄養を取って、しっかりと寝ることが、まずはできることの第一歩です。

しかし、基本的にはちゃんと病院で診てもらい、適切な処置を受けた方がいいと思いますが、日ごろから体の不調に備える気持ちでハーブを活用するのもいいと思います。

冷え性

多くの方が悩んでいるであろう冷え性も、メディカルハーブで対策が取れるなら、やっておきたいものです。

腰から下が冷たかったり、手足の指先が冷たい、顔はのぼせていても足が冷たかったりと、症状も様々ですが、直接的な原因としては全身の血液循環が悪くなっていることなのだそうです。

ですので、まずは血行を良くすることが重要です。

また、冷えはストレスからもくるそうで、ストレスを感じれば筋肉の緊張が高まることで、血管が収縮して血液の流れが悪くなってしまうようです。

ジャーマンカモミールの内用チンキは、優れた鎮静作用でストレスを和らげます。

リンデンにも発汗作用と鎮静作用があり、足浴で全身を温めつつ、湯気の香りを吸い込むと良いそうです。

JIKUTA
JIKUTA

冬はもちろん、夏でも体は過剰に冷やさないほうがいいでしょう。

レシピ

ジャーマンカモミール内用チンキ

ジャーマンカモミール German Chamomile

材料は、ジャーマンカモミール10g、ウォッカ(アルコール度数40度以上)100mlで、ジャーマンカモミールを2週間漬けこんでチンキを作り、1回あたり1~3mlをカップ1杯の湯に加えて内服します。

リンデンの足浴

リンデン Linden

材料(2回分)は、リンデン5g、ウォッカ(アルコール度数40度以上)50ml、自然塩80g、適温・適量のお湯(足首までが浸かる程度)で、リンデンをウォッカに2週間つけ込み、チンキを作っておきます。

そのチンキ半分と自然塩半分をバケツ(足が付けられる容器)に入れ、適温の湯を注いで足湯をします。
(材料は2回分なので、2回足湯をします)

便秘

日ごろの運動不足や偏食、ストレスや消化不良など、便秘にも様々な原因があります。

そんな便秘には、ダンディライオンのハーブティーが良いでしょう。

便秘の中で特に多い脂肪の消化機能の低下からくる症状に役立ち、強肝作用と利胆作用が脂肪を消化する胆汁の分泌を促し、腸内環境を改善する作用があります。

また、ペパーミントは、ストレスからくる過敏性腸症候群による便秘に有効です。

腸の働きを調整する作用を期待して、温湿布を行います。

温湿布を用いた腹部への物理的な刺激は有用ですが、湿布の後にゆっくりとマッサージをすることで、さらに効果を高めます。

手のひらを腹部右下に当てて、上・左・左下腹部に円を描くようにゆっくりやさしくさするといいみたいですね。

自分で簡単にできることなどで、継続してやってみてはどうでしょう。

JIKUTA
JIKUTA

薬の力を試す前にやってみたいですね。

レシピ

ダンディライオンティー

ダンディライオン Dandelion

材料は、ローストしたダンディライオン3g、熱湯200mlで、ダンディライオンを熱湯で5分抽出して、カップに注ぎます。

ペパーミントの温湿布

ペパーミント Peppermint

材料は、ペパーミント5g、水500mlで、鍋に水を入れ火にかけて、沸騰したら火を止めます。

ペパーミントを投入し、10分抽出して浸剤が冷めないうちに布を浸し、軽く絞ってから腹部を温湿布します。

肩こり・腰痛

筋肉の疲労が、肩こりや腰痛になる原因にもなります。

筋肉の疲労は、スポーツだけではなく、長時間同じ姿勢でいること(1日中パソコンの前で座っている)で、慢性的な肩こりや腰痛につながりますね。

メディカルハーブによるケアは、慢性的な痛みであれば温湿布をして、ハーブティーで疲労回復を促すようにします。

ペパーミントに含まれるメントールには、筋肉の炎症を鎮めて痛みを取る作用があり、ジャーマンカモミールを使って緊張による血流悪化の緩和も期待できます。

それと、ハイビスカスには代謝を促進するクエン酸など、植物酸が多く含まれており、筋肉の疲労回復に役立つようです。

JIKUTA
JIKUTA

基本的には専門医にしっかりと診てもらうことが重要です。

レシピ

ジャーマンカモミールの温湿布

ジャーマンカモミール German Chamomile

材料は、ジャーマンカモミール5g、水500mlで、鍋に水を入れ火をかけて、沸騰したら火を止め、ジャーマンカモミールを入れて10分抽出します。

抽出液をザルでこし、布を浸し、その布を軽く絞り、冷めないうちに肩、腰を湿布します。

ハイビスカスティー

ハイビスカス Hibiscus

材料は、ハイビスカス2g、熱湯200mlで、細かくしたハイビスカスを熱湯で3分抽出して、カップに注ぎます。

ペパーミントの温湿布

ペパーミント Peppermint

材料は、ペパーミント3g、水500mlで、鍋に水を入れ、火にかけて沸騰したら火を止めます。

ペパーミントを入れて10分抽出します。

抽出液をザルでこし、布を浸して軽く絞り、冷めないうちに肩や腰を湿布します。

二日酔い

二日酔いにもメディカルハーブの力を利用できます。

基本は飲みすぎないことですが、飲みすぎた場合になってしまうであろう二日酔いにはどんなハーブ類が力を発揮するのか確認していきます。

二日酔いの対処は、前日の夜から体内に残っているアルコールを早く体外へ排出することと、吐き気などの不快な症状を鎮めたいことの2点です。

アルコール排出は、肝臓の機能を高めて解毒を促進させる作用を持つダンディライオンが有名です。カフェインを摂りすぎる心配が無いことから、水分補給も兼ねて多めに飲むのが良いとされています。

また、ローズヒップのお茶にもアルコールの代謝を助ける作用があり、吐き気にはペパーミントの爽やかな香りで、不快感を抑制して、気分をリフレッシュさせます。

ペパーミントは入浴剤として使うのも有用です。

JIKUTA
JIKUTA

基本的には”飲みすぎるな”で結論が出てしまいますが、ハーブを利用して少しでも和らげられるなら試してもいいでしょう。

レシピ

ペパーミントティー、全身浴

ペパーミント Peppermint

ペパーミントティーの材料は、ペパーミント2g、熱湯200mlで、細かくしたペパーミントを熱湯で3分抽出してカップに注ぎます。

全身浴の材料は、ペパーミント10g、水500mlで、鍋に水を入れて火をかけて沸騰したら火を止め、ペパーミントを入れて10分抽出し、抽出液をザルでこして風呂の湯に混ぜます。

ダンディライオンティー

ダンディライオン Dandelion

材料は、ダンディライオン(ロースト)3g、熱湯200mlで、ダンディライオンを熱湯で5分抽出してカップに注ぎます。

ローズヒップティー

ローズヒップ Rose Hip

材料は、ローズヒップ3g、水200mlで、乳鉢でローズヒップをつぶして、種と産毛を除き、鍋に水を入れて火にかけ、沸騰したら火を止め、つぶしたローズヒップを入れて5分抽出し、茶こしを使ってカップに注ぎます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました