検定対策|メディカルハーブの歴史(古代ギリシャ・ローマ時代編)

検定対策 メディカルハーブの歴史 古代ギリシャ・ローマ時代編 herbs

次はいつ開催されるのかわからないメディカルハーブ検定ですが、対策の一環として年表形式で書物や人物の歴史を確認しておきましょう。

紀元前1700年頃

古代エジプトにおいて、エーベルス・パピルスというパピルスの文書がありました。

この書物には、およそ700種類のハーブについて記載されており、私たちが聞き馴染みのあるアロエも含まれています。

うがい薬湿布などにハーブが利用されています。

JIKUTA
JIKUTA

アロエ以外にも、ジュニパーやガーリックについても記載されており、今では料理にも使われる一般的なものが既に活用されていたということになりますね。

紀元前1000年頃

インドにおいて、リグ・ヴェーダという書物がありました。

数百種類の薬用植物について記載されていて、インドの伝統医学であるアーユルヴェーダが有名です。

JIKUTA
JIKUTA

インドといえばアーユルヴェーダ、というくらい印象を持っていてもいいでしょう。

紀元前400年頃

検定対策 メディカルハーブの歴史 古代ギリシャ・ローマ時代編

古代ギリシャにおいて、医師のヒポクラテス医学の祖と呼ばれているほど有名です。

体液病理説を唱え、人間の血液黒胆汁黄胆汁粘液の4種類の体液のバランスが崩れた際に病気になるという説のことです。

なお、紀元前370年代~280年代ではテオフラストスという植物学の祖と呼ばれる人物がいました。

JIKUTA
JIKUTA

メディカルハーブにせよ、数学、宇宙といったあらゆる分野で、古代ギリシャは共通ワードのように出てきますね。それだけ現在に至るまでの始まりや原点は古代ギリシャからはじまったことが多いということです。

1世紀頃

古代ローマにおいては、医師であり薬学の祖とも呼ばれたディオスコリデスが有名です。

およそ600種類の薬効のある植物が掲載されている薬物誌という書物は、16世紀までヨーロッパでは薬のバイブル的文書として活用されていました。

180年頃

検定対策 メディカルハーブの歴史 古代ギリシャ・ローマ時代編

ローマの医師であるガレノスが有名で、500種類以上のハーブで水薬を作りました。

ハーブの調整法はガレノス製剤として伝えられ、植物油の油性成分と水を混ぜて作ったコールドクリームを生成したことでも有名な人物です。

300年頃

漢時代の中国では、医学者/科学者の陶弘景(とう・こうけい)が有名です。

中国最古の薬物書である神農本草経は、漢方の基本となった本草書です。(陶弘景が”神農草本系集注”として再編纂)

また、陰陽五行説という、この世に存在するあらゆるものはからなっており、成長、変化を繰り返して相互に関係していて(陰陽説)、宇宙を構成するのはの5性質に分類され(五行説)、陰陽五行のバランスで病因や体質を判断するというものがあります。

JIKUTA
JIKUTA

今でこそ医学が発展し、進化を遂げている真っただ中ではありますが、紀元前~紀元後間もない間はさまざまな想像があったんだと思います。

呪い、祟りといった、いわば非科学的で迷信のようなことで判断するほかなかったでしょうが、今に至るまでの礎はきちんとあるんですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました