検定対策|ハーブといえば、やっぱりハーブティー

メディカルハーブ検定対策 ハーブといえばハーブティー herbs

メディカルハーブ検定では、ハーブの活用例についてもふれています。

ハーブといえば、やはりハーブティーでしょうか?

ハーブティー

おすすめのハーブティー

ハーブに含まれる有効成分の中から、水溶性の成分を取り出す方法が、最も手軽で有名とされているハーブティーです。

熱いお湯を使うハーブティーと、水出しハーブティーがあります。

お湯を使うものを温浸剤、水での抽出を冷浸剤といい、両方とも飲用による利用がメインになり、機能成分が体内に吸収されやすいのが特徴で、ビタミンミネラルといった栄養素が摂りやすいです。

また、口内炎、咽頭炎、胃炎など、消化器に炎症があるような場合、炎症部位に直接作用させられる利点もあります。

ハーブティーの香りも、アロマセラピーと同じような働きがあります。

お湯で抽出するハーブティー

ティーポット、または鍋を使用します。

ティーポットを使用する場合、500ml以上が入る目盛りのあるものを使います。

細かくしたハーブを規定量入れて、規定量の熱湯を注いで蓋をし、花や葉は3分間、種子や根は5分間で抽出し、茶こしを使い、カップに注ぎます。

鍋の場合は、規定量の水を入れて沸騰させます。

沸騰したら火を止めて、細かくしたハーブを規定量入れて蓋をし(花や葉は3分間、種子や根は5分間)、茶こしを使い、カップに注ぎます。

JIKUTA
JIKUTA

基本的な入れ方は紅茶と同じような感じをイメージしていいと思います。

水で抽出する水出しハーブティー

常温の水で、長時間かけて抽出します。

お湯ではないので、高温で抽出される成分(カフェインやタンニンなど)の溶け出しが抑えられます。

ガラスの容器に、細かくした規定量のハーブと水を入れ、容器に蓋をし、6時間抽出したあと、茶こしを使い、カップに注ぎます。

注意すること

メディカルハーブ検定対策 ハーブといえばハーブティー

ハーブを細かくする際は、細かくするハーブは使う分だけにします。

細かくして多く保管してしまうと、品質の劣化が早まることもあります。

目安は1日3~4回に分けて飲むようにします。

ハーブティーに抽出された植物化学成分は水溶性になるので、体内で吸収されたあとおよそ6時間後に排出されます。故に1度に1杯飲むことにし、時間をあけて1日に3~4回飲むのが有効になります。

また、水出しで注意したいのが雑菌です。

常温で長時間の抽出が必要となるので、雑菌が入らないように注意が必要です。

容器は使う前に熱湯消毒(煮沸)しておくと有効です。

ハーブティー紹介記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました