検定対策|ハーブの湿布

検定対策 ハーブの湿布 herbs

ハーブは湿布としての利用も可能です。

ハーブに含まれる水溶性の植物化学成分を利用し、湿布としても利用する方法を確認します。

湿布

ガーゼなどの布に浸剤を含ませて、体に直接当てます。

温湿布冷湿布があります。

成分が皮膚から体内に浸透して作用する“と”成分が皮膚に直接作用する“というのは、ハーブ利用の同じ目的になります。

筋肉痛、こり、ねんざ、軽度のやけどといった炎症や、皮膚に直接働きかけるので美容目的で利用することもあります。

JIKUTA
JIKUTA

自己責任においてですが、市販の湿布が合わない場合に試してみる価値があるかもしれません。

温湿布

抽出した浸剤が冷めないうちに布を浸して患部に当てる方法です。

患部を温める効果があり、筋肉痛、肩こりといった血液の循環を良くしたい症状、慢性的な症状、炎症に適しています。

作り方は、鍋に規定量の水を入れて沸騰させます。

沸騰したら火を止めて、細かくしたハーブを規定量入れ、蓋をして10分抽出します。

10分経ったら、ざるを使ってこして、洗面器等に移し、液が冷めないうちにガーゼ等の布を浸して、軽く絞って患部に当てます。

やけどに注意して行いましょう。

冷湿布

ハーブ&ライフ検定

温湿布を冷やし、あるいは冷浸剤から湿布をする方法です。

ねんざ、打撲の直後、軽いやけどなど患部を冷やしたい急性症状に適しています。

作り方は、温湿布のざるでこすところまでは同じで、それから冷蔵庫で冷やします。

また温湿布同様にガーゼ等を使います。

患部に当ててガーゼ等の布が冷たくなくなったら取り替え、数回繰り返します。

JIKUTA
JIKUTA

暑い時期なんかは気持ちがいいでしょう。心身によさそうな影響が期待できそうです。

アイパック

疲れ目や充血のケアに役立ちます。

作り方は、冷湿布と同じですが、ガーゼ等は目を覆えるサイズにカットします。

目を閉じてまぶたに乗せ、上から指で軽く圧迫します。

フェイスパック

フェイスパック

別途フェイスパックシートの用意が必要になりますが、シートに浸剤を染み込ませてパックします。

日焼けのケアは冷湿布、肌乾燥のケアなら温湿布が適しています。

洗顔はパック前にしておきます。

作り方は、規定量のハーブを細かくして鍋に入れて熱湯を注いで5分間抽出します。

茶こしを使ってカップに注ぎ、浸剤を鍋に戻して、冷めてからフェイスパックシートに含ませ、軽く絞って10分間パックします。

夏にやると気持ちいいでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました