メディカルハーブ検定対策|材料について

メディカルハーブ検定対策 材料について herbs

製剤“(せいざい)というのは、薬品を調合して作ることを意味しますが、メディカルハーブにおいてもハーブ以外の材料を用います。

基剤

基剤(きざい)は、ハーブティーを作るや、チンキアルコール軟膏ミツロウなどのハーブ以外の材料をのことをいいます。

基材の主な役割はハーブに含まれている機能成分を利用しやすい形で取り出す、加工するといったことになり、基材自体にも働きがあるので、ハーブとの相乗効果を期待して使う場合もあります。

JIKUTA
JIKUTA

ハーブ製剤は、ハーブ利用の根幹であり、目的に応じて適切に使い分けるための基材の基礎を押さえておきたいですね。

メディカルハーブ検定対策 材料について

水は、水道水のほか、ミネラルウォーターや精製水、精油を蒸留するときにできる芳香蒸留水など、水にも多くの種類があります。

沸騰させて使うハーブティー湿布などには通常の水道水やミネラルウォーターを使い、外用チンキの希釈パック剤などには精製水が適しているようです。

アルコール(エタノール、エチルアルコール)

メディカルハーブ検定対策 材料について

水溶性、脂溶性の両方の成分を溶かして、主にチンキを作るときに使います。

消毒作用もあるので、抗菌作用を持つハーブと相乗効果があります。

消毒用エタノールは濃度76.8~81.2%、エタノールは濃度95.0~95.5%、無水エタノールは濃度99.5以上というように、エタノールは濃度によって分類されます。

なお、内用チンキについては、度数の高いウォッカ(40度以上)を使います。

ミツロウ

メディカルハーブ検定対策 材料について

ミツバチが分泌するロウのことで、ビーワックスともいい、浸出油と合わせて軟膏を作るときなどに使います。

植物油

メディカルハーブ検定対策 材料について

食用としても利用される安全性の高い植物油は、浸出油に使います。

種類は問われませんが、マッサージで直接肌に使う場合は、肌トラブルにならないよう、あらかじめパッチテストをしておくのがいいでしょう。

基材として、マカダミアナッツ油に酸化防止用の小麦胚芽を10%混ぜたものがよく使われます。

グリセリン

植物性と動物性の油から作られる無色、無臭の液体です。

保湿作用があり、水とよく混ざるので外用ローションを作る際に用います。

JIKUTA
JIKUTA

ちなみに、ワセリンは原料が石油で、日本薬局方「白色ワセリン」 なのだそうです。

クレイ

シリカ(ケイ素)を含む鉱物で、カオリン、モンモリオナイトといった種類があるクレイは、吸収作用、吸着作用、洗浄作用、収れん作用があることから、パック剤に使用されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました