たくさんの種類|イギリスのティータイム

イギリスのティータイムの種類 tea

お茶の時間(ティータイム)といえば、多くは昼食と夕食の間を指すのではないかと思いますが、紅茶を飲むこと自体は朝食や昼食、夕食にもあり、習慣としてどういったシーンがあるのかはライフスタイルによって変わってくるでしょう。

紅茶といえばイギリスですが、そのイギリスにおける伝統的な紅茶の習慣はどのようなものがあるのでしょうか。

時代が移り変わると共に、富裕層を主として紅茶を嗜んでいた時代の習慣がそっくりそのまま現代に引き継がれているということはないにせよ、引き継いだであろうティータイムの習慣があります。

イギリスのティータイムについて

正しく紅茶を淹れ、優雅なセッティングを施し、大量の食べ物を用意するという社交の為の紅茶文化は、そのままの内容ではないにせよ、あきらかに現代にもその影響はあるといえるでしょう。

はっきりとした時間で区切られているわけではありませんが、各時間帯のティータイムについて確認していきます。

ブレックファーストティー

名前の通り朝食です。

卵料理やハム、ベーコンといったいかにもイギリスらしい朝食に、ミルクティーを合わせて飲むようです。

イレブンジズ

11時くらいに、仕事がひと段落したタイミングとして気分転換で飲むティータイムをいうそうです。

JIKUTA
JIKUTA

ティーレディなる役割の人もいたのだそうです。

アフタヌーンティー

アフタヌーンティー

サンドウィッチ、ケーキ、スコーンなど、軽食とあわせてお茶を楽しむ聞きなれたティータイムがアフタヌーンティーですね。

時間帯は4時ごろということで、個人的な感覚では若干遅めではありますね。

夕食までの空腹を満たすためにあり、お茶の時間に最適なタイミングであり、お茶と会話を楽しみます。

ハイ・ティー

夕食に近い時間帯のティータイムです。

肉類も食べていたことから、ミートティーとも言われていて、イングランドよりも、スコットランドの農村地帯や工業地帯における習慣なのだそうです。

アフターディナーティー

ディナー、夕食の後のティータイムです。

客を招いてうえで、部屋を変えてくつろぐのだそうです。

アルコールも加わることがあるようです。

細かくあるティータイム

朝起きてベッドで味わうアーリーティーや、午後に簡単な菓子で済ませるミッドティーブレイクなど、ティータイムは細かくわけて数種類ありますね。

一日にどれだけ紅茶を飲む回数があるのか、ある程度想像ができます。

個人的なライフスタイルとして、ここ数年は夕食後に紅茶を楽しむことが増えました。

アフターディナーティーになるのかわかりませんが、カフェインのことを気にして敢えて飲んでいませんでしたが、遅くなり過ぎない時間帯であれば、何も問題ないですね。(あくまで個人的にです)

ライフスタイルが多様化するが故に、新しいティータイムをより楽しませてくれるのではないかとも思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました