紅茶検定を受けよう|申込締切は2020年1月13日(月・祝)

紅茶検定 tea

紅茶検定」という検定があります。

ハーブ&ライフ検定と同じように、対策や傾向、予想問題など試験対策として記事にしていきます。

紅茶検定について

紅茶検定とは?

「紅茶」について、正しい知識を取得して、日々のティータイムをより味わい深く楽しい時間にしていただくことを目的に立ち上がった検定。
「おいしい紅茶のいれ方を学びたい」
「産地ごとの特徴、ブランドについて学び、その時々にあった紅茶を選べるようになりたい。」
「紅茶の歴史や文化、器具や保存方法など、紅茶に対する理解・造詣を深めたい」
「仕事に活かしたい」など受験の動機は様々です。

「紅茶検定公式サイト https://www.kentei-uketsuke.com/tea/ 」より

民間資格になります。

紅茶検定実行委員会というところが主催しています。

資格を取って何ができる?

講師

紅茶検定資格を持っているからといって、特別何かが出来るようになるとか無ければ出来ないことがあるということではありません。

受験の動機が様々なので、仕事に活かすのはもちろん、趣味で知識として得たいという方もいるでしょう。

つまり、どう使うか、どう活かすのかは取得した人次第ということですね。

JIKUTA
JIKUTA

紅茶教室やカフェなど、知識として無いよりもある方がいいのではないかと思います。

伝える楽しさもあると思います。

どんな問題が出る?例えばどんな問題?

出題形式は4つの回答群の中から1つを選ぶ選択式です。

例題を見てみましょう。

Q.紅茶を美味しく淹れるコツで、誤っているものはどれか?

①新鮮な茶葉を使う
②沸騰したてのお湯を使う
③ティーポットやカップは冷やしておく
④茶葉の分量は正確に量る

正解は、③ティーポットやカップは冷やしておく、です。

2020年の試験について

まず、試験のスケジュールは、恐らく年に1回だと思われます。(2019年11月時点)

試験概要については以下のようになります。

第4回 紅茶検定 Tea Kentei

試験実施日:2020年2月23日(日)
申込締切日:2020年1月13日(祝・日)
開催地:東京/名古屋/大阪(詳細は送付される受験票に記載されます)
実施級:初級(ベーシック)/中上級(アドバンス)/上級(プロフェッショナル)
    初級・中上級併願/中上級・上級併願

受験料は、通常申込、早割(2019年11月29日17時まで)、食検割の3パターンがあります。(いずれも税込)

通常申込
初級(ベーシック): 4,900円
中上級(アドバンス): 5,900円
上級(プロフェッショナル): 7,700円
初級・中上級併願: 10,300円
中上級・上級併願 : 13,100円

早割 2019年11月29日17時まで
初級(ベーシック): 4,600円
中上級(アドバンス): 5,600円
上級(プロフェッショナル): 7,400円
初級・中上級併願: 10,000円
中上級・上級併願 : 12,800円

食検割
初級(ベーシック): 4,600円
中上級(アドバンス): 5,600円
上級(プロフェッショナル): 7,400円
初級・中上級併願: 10,000円
中上級・上級併願 : 12,800円
(『調味料検定』『ごはん検定~めしけん~』『日本さかな検定』『きのこ検定』『パンシェルジュ検定』『野菜検定』『フルーツ検定』『だし検定』『薬膳・漢方検定』の合格者の方のみが申し込み可能な割引 )

試験時間は次のようになっています。
初級(ベーシック)/上級(プロフェッショナル)
開場 12:20
説明 12:50~13:00
試験 13:00~14:00

中上級(アドバンス)
開場 14:20
説明 14:50~15:00
試験 15:00~16:00

出題範囲

初級(ベーシック)
紅茶をおいしく入れる方法、製造方法、保存方法、世界の紅茶の産地と茶葉の知識、各国の歴史・文化など紅茶に関する基本的な知識を問います。
学習のポイント:公式テキスト「紅茶の大事典」からの出題が中心となります。公式テキストを学習すれば合格可能です。

中上級(アドバンス)
初級の範囲に加え、マーケット、品質・規格・表示、成分と効能など、さらに深い紅茶の知識を問います。学習のポイント:公式テキスト「紅茶の大事典」と公式参考書「紅茶入門」をまんべんなく、勉強してください。

上級(プロフェッショナル)
初級と中上級の範囲に加え、テーブルマナー、トレンド、詳細な紅茶の成分と効能など、奥深い紅茶の知識を問います。
学習のポイント:公式テキスト「紅茶の大事典」と公式テキスト「紅茶検定 上級用テキスト」、参考書籍「紅茶入門」をまんべんなく、勉強してください。

「紅茶検定 実施概要」 https://www.kentei-uketsuke.com/sys/tea/about より

各級マークシート形式で全80問出題されます。

受験資格

初級(ベーシック)・中上級(アドバンス)はどなたでもお申し込みいただけます。
上級(プロフェッショナル)は中上級(アドバンス)の合格者のみ受験可能です。
※初級(ベーシック)・上級(プロフェッショナル)は併願できません。
※中上級(アドバンス)・上級(プロフェッショナル)の併願受験はどなたでも可能です。ただし、中上級(アドバンス)が合格点に満たない場合は上級(プロフェッショナル)の採点を無効とし、上級(プロフェッショナル)も不合格となります。
※過去に中上級(アドバンス)を合格していた場合でも、中上級(アドバンス)・上級(プロフェッショナル)を併願受験し、中上級(アドバンス)が合格点に満たない場合は上級(プロフェッショナル)の採点を無効とし、上級(プロフェッショナル)も不合格となります。

「 紅茶検定 お申し込み https://www.kentei-uketsuke.com/sys/tea/entry 」 より
JIKUTA
JIKUTA

正解率は70%以上が合格基準で、どの級も共通です。

難しいということはないと思います。好きだからこそ無意識に覚えられそうという前提ではありますが。

チャレンジしようと思っている方は、締切までに忘れないよう申し込みましょう。

紅茶検定申込

参考テキスト

紅茶の大事典
初級(ベーシック)参考テキスト
紅茶入門 (食品知識ミニブックスシリーズ)
中上級(アドバンス)参考テキスト

※上級用テキストは書店店頭では扱っていません。紅茶検定サイトから購入可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました