金柑の甘露煮と紅茶

金柑 tea

金柑をたくさんいただいたので、紅茶に合いそうなものは何かないかと調べたところ、甘露煮が合うかもしれないと思い、作ってみました。

金柑の甘露煮

金柑は寒い時期によく見る柑橘系の果物ですね。

別名「キンキツ」とも言います。

金柑といえば、私は洗ってそのまま皮ごと食べることぐらいしかしていなかったのですが、金柑を用いたレシピは甘露煮がダントツで定番且つ有名なようなので、作ってみる事にします。

寒い時期にはぴったりの甘いスイーツ

甘露煮、そして紅茶にも金柑を入れてみました。

金柑 甘露煮

甘露煮は、もちろん砂糖を用いているので甘いのですが、金柑そのものの酸っぱさと、皮の苦味がアクセントになり、甘ったるいだけではないですね。

また、紅茶に半分にカットした金柑をいれてもいいですね。金柑の香りが良かったです。

紅茶に甘味を加えたい場合、甘露煮のシロップを入れてもいいかもしれませんね。

紅茶と柑橘系はやはり相性がいいですね。

材料

金柑・・・150g
水・・・200ml
砂糖・・・100g
醤油・・・2滴

JIKUTA
JIKUTA

今回、お砂糖は喜界島のザラメを使いました。普通の砂糖との比較はしていませんが、甘く美味しいことに変わりはないでしょう。

レシピ

1.金柑を洗い、切れ目を入れる
金柑のヘタを取り除いてよく洗い、甘味を浸透させるため、包丁で金柑の表面に切れ目を入れます。5、6mmの間隔で、2mm程度の深さを意識して入れましたが、深すぎず、浅すぎず、といった感覚です。

2.鍋で煮る
金柑を鍋に入れ、水を入れて中火でコトコトと10分煮込みます。煮込んでいる途中で灰汁が出れば取り除いてあげましょう。

3.砂糖を加えて煮る
10分経過したら、火を弱火にし、砂糖を入れます。よく溶かし、金柑に染み込むようにコロコロと優しく転がしながら5分煮込みます。

4.醤油を垂らして完成
5分経過したら、最後に醤油をたらしてかるく混ぜて完成です。

JIKUTA
JIKUTA

今回は入れませんでしたが、ショウガを入れてもいいんじゃないかと思います。
身体が温まり、金柑とあわせて喉にも良さそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました