紅茶の成分

紅茶の成分 tea

紅茶の成分にはどうのようなものがあるのかおさらいしておきます。

よく聞くのがカテキン、カフェインといったところですが、他にはどんなものがあるのでしょうか。

タンニンは香味に関わる成分

紅茶の成分

まず、紅茶の主な成分は、タンニンカフェインビタミン類アミノ酸です。

中でも特にタンニンが香味に深く関わっていて、渋みを作り出す成分です。

タンニンは植物にはたいてい含まれている物質で、茶葉は特に多く含まれています。

タンニンはカテキン類の集合体の総称で、紅茶独特の香味はもちろん、水色も作り出す極めて重要な成分なのです。

茶葉の品種、産地、摘む時期により含有量は異なりますが、直射日光の強い熱帯地方では、アッサム種などであれば19~22%も含んでいますが、日本の緑茶は15~18%以下で少なく、紅茶用にはアッサム種で熱帯地における栽培が適していることになるのです。

カテキン4種

紅茶のカテキンは、

エビカテキン(EC)
エビカテキンガレート(ECG)
エビガロカテキン(EGC)
エビガロカテキンガレート(EGCG)

という4種が主となり、エビガロカテキンガレートがこの中で最も多く含まれています。

紅茶の成分

これらのカテキンは、紅茶の製茶過程で酸化酵素の作用を受けて変質し、カテキン酸化物のテアフラビンという橙赤色の色素とテアルビジンという褐色の色素を作り出します。

JIKUTA
JIKUTA

これこそが紅茶色になります。

薬用効果

紅茶の成分

薬用効果もいくつか確認されています。

整腸作用、抗ガン、抗菌、血中コレステロールの低下、血圧降下作用などがあるようです。

カフェインは、プリン塩基同族体というものの一種で、茶葉に2~5%含まれていて、製茶過程でほとんど変化はありません。

味が苦みとして感じられ、熱湯にはよく溶けるものの、低温では抽出しにくい物質です。疲労回復や頭痛、めまいを抑える薬用効果があるようです。

たんぱく質も含まれていますが、溶けださずにほとんど茶葉の中に残ります。

アミノ酸は溶けだして旨味を作り、その中で最も多いテアニンが紅茶の甘み、旨味を感じさせる成分が主となっています。

ビタミン類は生葉に、ビタミンA、B、B2、ニコチン酸、パントテン酸、ビタミンC、Eなどが含まれているものの、製茶中に変質したり、ビタミンEにいたっては熱湯に溶け出しません。

JIKUTA
JIKUTA

ビタミン類は生葉をまるごと食べることで摂取できますが、なかなか難しいですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました