茶の語源、呼び名(呼び方)

茶の語源、呼び名(呼び方) tea

茶の呼び方、語源を意識したことはあるでしょうか?

普段は、”茶”や”お茶”、英語では”Tea”(ティー)として何気なく使っていますが、はじまりはやはり中国です。

語源、呼び名は

茶の語源、呼び名(呼び方)

呼び名の語源は中国ではありますが、基本的には2つに分類していきます。

厦門(アモイ) 系のTe

中国の厦門(アモイ)というところから派生する”テー”から次のように広がっています。

オランダ:THEE
イギリス:TEA (学術後としてTHEA)
フランス:THÉ

セイロン:THEA
タミール:TEY

デンマーク:TE
ノルウェー:TE
スウェーデン:TE

フィンランド:TEE
ラトビア:TEJA

イタリア:TE
ハンガリー:TE
チェコスロバキア: TE
(※チェコスロバキアは、1993年にチェコ共和国とスロバキア共和国に分離)

JIKUTA
JIKUTA

英語の”ティー”の流れは、厦門(アモイ)からということですね。

広東(カントン)系のCha

一方は”チャ”となり、次のように広がります。

日本:CHA
ポルトガル:CHA
インド:CHA

ペルシャ:CHA
アラビア:CHAI
トルコ:CHAY
ロシア:CHAI

チベット:JA(DZA)
公南:TSA

JIKUTA
JIKUTA

“チャ”は広東(カントン)系の流れです。

伝わるルートの違い

“テー”か”チャ”か。

要は伝わっていくルートが異なっており、そのいずれかの2つということです。

もっと言うと、陸路なのか、海路なのかということでもあります。

陸路は広東語系で、チャ、シャ、ツァの発音で、海路では福建省の厦門の中の方言とされるテー、テ、ティーの発音となります。

ヨーロッパ系は”ティー”が多くを占めていますが、ポルトガルが”チャ”に分類されているのは、居留期間が長かったため、広東省マカオの言葉を使っているようです。

呼び名の語源やルート、分布も、見れば面白いですね。

JIKUTA
JIKUTA

陸路は陸のティーロードとして広東語系、海路は海のティーロードの厦門系と覚えておけばいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました